肺真菌症とはどんな感染症か

肺真菌症とは、肺に真菌というカビが感染し炎症性病巣が形成されて、さまざまな呼吸器症状がみられる病気のこと。通常、健康な人に真菌が感染することはまれで、免疫力が低下している人やもともと肺にあった病巣に、真菌が感染し肺真菌症にかかります。

原因は?

原因は真菌(カビ)です。菌の種類としてはクリプトコッカス、カンジダ、アスペルギルス、ムコールが挙げられます。カビは病原性に乏しいのが特徴で、口腔内や上気道に常に存在しています。通常、感染しても発症に至らず、症状が引き起こされることはありません。ですが、体の抵抗力がダウンしている状態だと真菌が勢力を拡大し、感染したあと症状が引き起こされるようになるのです。これはいわゆる日和見感染(ひよりみかんせん)と呼びます。また、白血球が減少していることも、肺真菌症を引き起こす原因となります。免疫抑制薬や副腎皮質ホルモンの使用、抗がん剤の使用、白血病に罹患(りかん)していることで白血球が少なくなると、感染し発症します。

症状の現れ方は?

原因菌や病型によって症状の現れ方は異なり、肺真菌症に特異的な症状はありません。非侵襲性アスペルギルス症の場合は、もともと肺に空洞がある患者さん(多くは陳旧性肺結核(ちんきゅうせいはいけっかく))に発症し、臨床的には、咳(せき)、痰、喀血(かっけつ)、呼吸困難などの呼吸器症状とともに、発熱やるい痩(そう)(やせ)などの全身症状もみられます。侵襲性肺アスペルギルス症は、好中球減少症や大量のステロイド薬投与などの危険因子をもつ患者さんに発症し、急激な発熱や全身倦怠感(けんたいかん)などの全身症状に加え、さまざまな呼吸器症状がみられます。多くの症例では、全身状態が急速に増悪(ぞうあく)します。クリプトコックス症の場合、日和見感染ではさまざまな呼吸器症状や発熱、全身倦怠感などが認められますが、健常者に発症した場合の多くは無症状で、健康診断や他の疾患の経過観察中に、胸部X線の異常陰影として発見されます。

肺真菌症の治療法

肺真菌症は、症状が現れにくく、他の症状と似ていることから、発熱やせき、全身倦怠感などの症状が続く場合は早めに受診をし、検査をすることが重要です。常在的にカビが体内に入りやすく潜んでいますが、体力を消耗していたり、抵抗力が弱っている時は、感染するリスクが高まってしまうため、注意が必要です。日頃から免疫力を高めるべく規則正しい生活と、バランスの取れた食事、適度な運動と睡眠などが免疫力を高めてくれるので、感染予防につながります。それぞれの真菌に合った抗真菌薬を用いるか外科的に切除が行われます。